サイトメニュー

在宅管理栄養士とはその役割

在宅管理栄養士は、一般的に組織に属ぜずに
フリーで仕事をしている管理栄養士のことを
指します。管理栄養士の知識と経験を活かす
ことができますし、様々な場所で仕事をする
ことができます。仕事の幅も広がりますし、
人脈も得ることができます。

在宅管理栄養士の役割は、その知識と経験を
社会に貢献することにあります。組織に属し
ている管理栄養士ですと、対象は施設の入居者、
患者に限定されがちです。在宅管理栄養士は、自分
自身で情報を発信する場所を選ぶことができま
すし、その内容もタイムリーに作成することが
可能です。社会の動きに合わせて、必要とされ
ている情報を発信することができます。

また、在宅管理栄養士の仕事の一つとして委託を
受け在宅で電話を利用し、栄養指導を行うという
業務形態もあります。管理栄養士の知識を最大限
に利用できる仕事です。

最近はインターネットの利用者が増えています。
スマホを利用すればいつでもどこでも情報を得る
ことができます。そのネット環境を利用して、オ
リジナルの献立やレシピを公開することで社会貢
献する方もいます。広く正しい栄養の知識を広め
ていくことも大事な仕事です。

在宅管理栄養士のスタイルをとっていると、フリ
ーの方は時間的にも融通が利く場合があり、健康
診断等の仕事が不定期で依頼される場合がありま
す。さらに、時間的に融通が利くことを利用した
、訪問による栄養指導についても関心が高まって
います。

地域によっては多くの高齢者が一人暮らしをして
います。自分たちだけではなかなか健康管理がで
きていないのが現状です。高齢者ですと低栄養な
どの状態に陥らないように栄養指導が必要です。
今後も在宅訪問型の栄養指導、サポートは需要が
高まっていいきますので、在宅管理栄養士の重要
な役割の一つ言ってよいでしょう。在宅訪問での
栄養指導については、在宅管理栄養士と病院等で
働く栄養士の他、高齢者向けの配食サービスをし
ている企業なども連携協力のもと進めていく必要
があります。その中でも重要な役割を担うのが在宅
管理栄養士になりますので大変期待をされています。